コミュニケーション能力

Monthly Message2014年1月号


 

今年初のMonthly Messageです!

 

そして昨年9月ぶりの復活です!(笑)

 

 

 

そして!そして!

今日は今月2回目の新月です!

 

 

 

Monthly Messageは満月前後と決めてましたが

 

今回はどうしても!

 

新月に

今年初のMonthly Messageを書きたくて・・・(笑)

 

 

メルマガの原稿と分けて書いてます!(笑)

 

 

 

さて!

最近、いろいろ気になることが多く・・・

 

 

その中の1つが【コミュニケーション】について。

 

 

 

私はコミュニケーション・アドバイザーとしても

多くの人と関わってきましたが

 

 

いつもお伝えしていることは

 

 

『コミュニケーションは人類最大のテーマであり

 

 そして永遠のテーマです!』

 

 

 

ちょっと大袈裟ですが

 

それくらい

コミュニケーションで悩んでおられる方は多い。

 

 

そして、それが原因で心が風邪をひくことも・・・

 

  

今年は特に!

 

この【コミュニケーション能力】によって

大きな差が出てしまうような気がします。

 

 

 

コミュニケーションをとる上で大切なことは

 

【距離間】でしょうか・・・

 

 

 

アメリカの文化人類学者であるエドワード・ホールは

 

人間は相手を

つの【パーソナルスペース】に分類して接している。

 

と言っています。

 

  

その【パーソナルスペース】は自分だけのスペースで

 

他人に近づかれると

不快に感じたりする領域がある・・・

 

 

では

その4つのパーソナルスペースを紹介しましょう♪

 

 

 

(1)親密距離(045センチ)

 

・ごく親しい人に許される空間

 

・身体が触れても気にならない距離。

 

 逆に触れていることで安心する距離

 

 

家族や恋人がこの位置づけですね~

 

 

 

(2)個体距離(45120センチ)

 

・相手の表情が確認できる距離

 

・手を伸ばせば触れられる距離

 

 

友達がこの距離ですね~

 

 

 

(3)社会距離(1.22m)

 

・相手に手は届かないが、会話はできる距離

 

・初対面の人や商談をする時の距離

 

 

会社の上司はこの位置ですね~(笑)

 

 

 

(4)公共距離(3.57m)

 

・複数の相手が見渡せる空間

 

・公式な場における空間

 

 

 

このように分類された4つのパーソナルスペースの広さも

個人差があります。

 

 

つまり

自分のパーソナルスペースを判断基準にして接してしまうと

 

知らず知らずのうちに~

 

相手の不快に思うパーソナルスペースの領域に

踏み込んでしまう・・・

 

 

ということですね!

 

 

そして

相手から『不快ですよ!』と

 

【サイン】が送られてくるわけですね~

 

 

人はこのパーソナルスペースを無意識に守ろうとします。

 

自分のパーソナルスペースを大切にするのと同じように

相手のパーソナルスペースも大切に考えてあげる余裕・・・

 

 

これもコミュニケーションを上手くとる上で 

参考にしていただけると幸いです(*^_^*)

 

 

 

今日は新月!

 

今月2回新月があるので

2月は新月がありません。

 

 

非常に不思議な暦ですが

 

これが何だか

わくわく感も覚えるのです!(笑)

 

 

これは

【スピリチュアル・カウンセラー】としての

 

もう1つの私の顔のせいですね~(笑)

 

 

今日配信させていただくメルマガは!

 

スピリチュアル・カウンセラーとしての角度から

今年のエネルギーを読み取ってお伝えしたいと思います!

 

 

今年も!

 

いろんな角度から

お伝えしていきたいと思っておりますので

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

2014131日(金)   

 

スピリチュアルカウンセラー

つだけいこ